信号機の“わずかな時間差”が作る交通環境

 距離を隔てた信号機と信号機の間の僅かな時

間差。あるいは、青信号と赤信号の時間的間隔を

僅かに変える・・・。これでクルマの流れはかなり

違ってきます。

 こうした信号機の“僅かな時間的タイミング”など

を制御するのが、交通管制の信号制御システム

です。また、交通量をセンサーで感知してその情

報をコンピュータで処理、交通情報としてドライバ

ーに表示するシステムも交通管制システムの一

種です。

 株式会社フィディックは、交通管制システムの設計を担っています。また様々なニーズや時代の変化によって、

交通管制システムはより大きく成長する分野です。私たちは、今までのノウハウを生かし新しい交通管制システム

の研究・開発にも取組んでいます。


交通管制システム設計の主な流れ



交通管制システムからカーナビに情報提供

 交通管制システムは、道路交通情報通信システム

VICS(カーナビゲーションシステム)に交通情報を

提供しています。

 交通情報提供のための情報収集センサーや端

末装置の企画設計から、各種提供情報の作成、

調整まで一貫して行っています。

 1991年(平成3年)  神奈川県警本部庁舎移転 制御定数担当
 1994年(平成6年)  愛知県警本部庁舎移転 制御定数担当
 1998年(平成10年)  中山競馬場周辺交通流整序化事業 信号制御担当
 2000年(平成12年)  TDR(東京ディズニーリゾート)周辺交通流整序化事業 信号制御担当
 2007年(平成19年)  広島県警本部庁舎移転 制御定数担当
 2009年(平成21年)  千葉県警本部庁舎移転 制御定数担当